山陰で最大の山陰合同銀行

山陰合同銀行の貯蓄と特徴

山陰合同銀行は、山陰地方に多くの支店を設置しています。山陰では広い営業エリアをもっていることから、口座開設者が多い銀行です。この銀行は、松江銀行時代から利用者が多く、預金残高については、山陰の金融機関の中でも非常に多い銀行として知られています。

山陰合同銀行では、普通預金、定期預金、貯蓄預金といった預金を利用する人がたくさんいます。山陰合同銀行の預金口座では、普通預金のほか、特色あるサービスが魅力の預金があります。

たとえば、山陰合同銀行の預金には、「ごうぎん教育資金贈与口座「孫への贈り物」」といった祖父母などが孫に贈与すると1,500万円まで非課税になる口座があります。この預金は、孫が30歳になるまで教育資金として活用できるため、教育資金として活用できることが人気です。

また、定期預金口座においては300万円まで預けることができるスーパー定期や300万円を超えるときに利用できるスーパー定期300があります。これらの定期預金では、複利を利用することによって利息が増えることから資産運用に効果があります。

さらに、山陰合同銀行の定期預金では、インターネットバンキングサービスやモバイルバンキングサービスで利用できるインターネット定期預金があります。この預金では、金利上乗せキャンペーンを行っているので、通常の定期預金金利よりも高い金利が特徴です。

ほかには1,000万円からの資金運用に最適な大口定期や市場にあわせて6ヶ月ごとに金利を見直す変動金利定期預金、金利が上乗せになる定期預金があります。ほかには退職者向けのプレミアム定期、年金の受け取りに便利なゴールド定期なども扱っています。

このように山陰合同銀行では、特徴のある預金商品とサービスが利用できる金融機関として人気があります。