明治時代から営業する佐賀銀行

佐賀銀行の投資信託と外貨預金

佐賀銀行は佐賀県に多くの支店を設けることにより、本店以外でも資産運用に便利なサービスを提供している地方銀行です。たとえば、佐賀銀行では、資産づくりに効果のある投資信託や外貨預金を行うことができます。

外貨預金の場合は、外貨普通預金と外貨定期預金があります。佐賀銀行では、外貨普通預金で米ドル、ユーロともに金利は0.01%、外貨定期預金では、米ドル1カ月もので0.02%、3カ月もので0.03%、6カ月もので0.05%、1年ものでは10万ドル未満で0.05%、10万ドル以上では0.07%です。また、ユーロの1カ月ものから1年ものでは0.01%です。

佐賀銀行では、スーパー定期の5年ものに比べると、米ドルの外貨定期預金のほうが金利は高いことから貯蓄に向いています。また、外貨普通預金、ユーロで預ける外貨定期預金であるなら、円貨普通預金や円貨定期預金のほうが高くなります。さらに、この場合も米ドルで預ける外貨定期預金のほうが高くなることから、資産運用としてはこちらがおすすめです。

投資では、1万円から資産運用ができる投資信託が利用できます。これは専門家に任せて投資を行う毎月積み立てる自動積立投信で、資産運用をはじめて行うという人に向いています。投資による資産運用を始めるには最適であるため、この自動積立投信を利用する人は佐賀銀行でも増えています。

また、この銀行では、インターネットを使って手軽に取引きができる「らくらくe投信」も活用できます。

このほかにも、円貨定期預金と投資信託または円貨定期預金と外貨預金といった資産運用商品を組み合わせた「がばいパック」があります。これは、外貨定期預金の預け入れ金額または投資信託の購入金額によって異なる金利コースを選ぶことができます。「がばいパック」なら、安定した資産運用が可能になるといった特徴があります。このように佐賀銀行は銀行業界でもサービスが充実しています。最近では年金サービスや保険サービスを取り入れるようなり、佐賀銀行では、これらについても力を入れている金融機関です。